お初にお目にかかります、傀儡楼でございます。

傀儡楼(くぐつろう)でございます。

さて皆様、球体関節人形をご存知か?

球体関節人形(きゅうたいかんせつにんぎょう)とは、関節部が球体によって形成されている人形の総称。その特徴から、自在なポーズを取らせることが可能である。 人形ではなく、関節部が球体によって形成されている作品を「球体関節」と呼称する。

(wikipedia)

ウィキペディアにあるように、関節が自在に動く人型の事でございます。

海外での歴史は古く1840年頃ドイツにてその原型が考案されたとのことです。

19世紀にはフランスを中心に球体関節をもった陶器の人形poupee en biscuitがあります。

日本国内においては、 四谷シモン様、吉田良様、天野可淡様、恋月姫様、等・・・。

多くのアーティストの方々が人形を通じて芸術活動を展開されております。

球体関節人形

傀儡楼とは、

傀儡楼は2016年より活動を開始いたしました創作球体関節人形工房でございます。

いささか新参者でございますがどうぞよろしくお願いいたします。

傀儡楼のモチーフは「着物」そして「遊郭」でございます。

美しく艶のある娘たちを目指し精進いたしますので、御贔屓の程よろしくお願いいたします。